ラパン・エンターテインメント

東京の外国人モデル事務所「ラパン・エンターテインメント」 港区青山


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

外国人・ハーフ・日本人男女在籍の東京のモデル事務所 「ラパン・エンターテインメント」C M・広告・雑誌・ファッションショーで活躍するモデルマネージメント、プロデュース。オーディション情報も掲載しています。

外国人が東京のモデル事務所で採用されるためには、一体何をしたら良いのでしょうか。外国人が東京のモデル事務所で作業されるためには、まずオーディション入荷なければいけません。オーディションに受かるためには、モデルとして必要なことを知っておくべきです。一昔前は、見た目さえよければ外国人でも東京のモデル事務所に合格できると言われていた時期があります。確かにモデルは見た目が悪いよりも良いに越した事はありません。そのような意味において、とても重要なことといえます。しかしながら、見た目が良いだけでは採用されにくい時代になったとも言えるでしょう。見た目の良さとは、例えば誰よりも顔が美しいことや顔が小さいことあるいはスタイルが良いことを意味しています。しかし事務所によっても時代によってもその考え方は多少異なってきます。最近の時代の流れからすれば、モデル体型でなくてもモデルの仕事ができるようになっているため、それほど素晴らしいプロポーションでなくても採用される可能性があります。ただし、ファッションモデルの場合にはやはりスタイルが良い方が圧倒的に有利な事は言うまでもありません。近年の流れとしては、実際にそれを着用する人がイメージしやすいように極端にスタイルの良い人ばかりを採用していない傾向があるのは事実です。ですが、本当にスタイルの良い人は希少価値があり、それだけで合格出来る可能性も高いです。ではスタイルが良くない人は何をすれば良いかと言えば、それはとにかく笑顔を磨いておくことです。笑顔は、人前で見せる作り笑顔だけでなく、普段から笑顔にしておくことが必要です。そうしなければ、ふとした瞬間に怖い顔に見えてしまい、採用されないケースがあります。採用する側としても、その点はよく理解しているでしょう。ほんの一瞬の表情などを見逃しません。人間は油断をすると、わずか0.5秒のうちに表情が変わったりすることもありますが、採用する側はオーディションでその表情を見逃さないため普段から明るい気持ちで過ごすことも大事です。
<関連情報:東京 モデル事務所 外国人