株式会社笠巻工務店

株式会社 笠巻工務店 | 創業1969年、さいたま市岩槻区を中心に木造の新築・増改築・リフォームをおこなうプロ集団です。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

創業1969年、さいたま市岩槻区を中心に木造の新築・増改築・リフォームをおこなうプロ集団です。

さいたま市には、いくつものリフォーム業者があります。ハウスメーカーがリフォームしているケースもありますが、工務店がリフォームを行っていることも少なくありません。さいたま市内の工務店を選ぶメリットの1つは、さいたま市のことをよく理解していることが多い点です。よくハウスメーカーと比較されますが、ハウスメーカーの場合に関しては、全国展開をしておりスタッフも定期的に移動してしまいます。そのため、スタッフの中で長年1カ所にずっといる人は少ないでしょう。言い方を変えれば、その地域のことをよく知っているスタッフが少なく、地元密着型とは言えません。これに対して工務店の場合には、地元密着型のことが多いです。これは、スタッフが移動しないからというのが1つの考え方です。地元密着型のメリットは、その地元にふさわしい住宅の建築やリフォームをしてくれることでしょう。例えば、地震が多い地域等は、耐震性を強化しなければいけません。それと同時に、自分の特徴などもよく知っていることが多いです。いくら耐震性の高い住宅を建築したとしても、地盤が弱ければその効果は半減してしまうでしょう。その点をよく理解しているならば、その地域特有の地形を考慮したリフォームをするはずです。災害の場面で重要になるのは、地震だけではなく水害等も考えられます。特に近年は、異常気象となっており夏場から秋にかけて水害が発生しやすくなります。実はさいたま市も例外ではありません。その中で浦和と呼ばれる地名がありますが、浦和のように地名にさんずいがついているところは何か水に関係するところです。場所によっては、標高が低く水が溜まってしまう恐れもあります。この場合、入り口を2階に設置してキッチンやリビング等も2階にするような工夫をすれば、いざ水が出た場合でもそこまで大きな損害を被る事はないでしょう。地元に詳しいため、その気候に関してもやはりよく理解しています。しかも同じ市内であっても、緑区と桜区では若干地形や気候が違う等の店もあるため、その点をよく理解している業者はとても大事になります。
<関連情報:さいたま市 リフォーム 工務店